空き家の時期の不動産投資

リフォーム

自宅の不在時期を貸し出す

せっかく憧れのマイホームとしてマンションや一戸建てを購入したにも関わらず、会社の都合で転勤や海外赴任になるということがあります。まだまだ住宅ローンの返済もありますから空き家になる物件を収益物件にできないかと願うはずです。リロケーションなら、転勤や海外赴任といった一定期間の間だけ不動産会社にお客を仲介してもらい自宅を貸し出すことができます。リロケーションなら本来なら一定期間空き家となるはずだった自宅から家賃収入が毎月の安定的に入ってくることになります。それとともに空き家にしたままだと治安の面などでも不安要素がとても多くあります。しかし家族が一定期間不在となる間、別の家族が生活をしてくれるので治安の心配などもありません。住まいは使い続けることでむしろ保たれる要素も多いので、不在の期間他の家族が設備を使ってくている方が住まいを長持ちさせることができます。リロケーションでは、転勤や海外赴任から戻ってくる時期を明らかにしておくことで、速やかに住まいを明け渡してもらえます。まさに空き家となる期間だけを有効に活用して、しかもその期間に不動産収入を得ることができます。ただ不在の期間とはいえ、やはり本来は自宅であるにも関わらず別の家族が住まうことになります。慎重に契約を結んで住まいの使い方や現状復帰の取り決めなどをすることでトラブルを極力回避しなければなりません。そのためにもリロケーションの実績の豊富な不動産会社に依頼するようにしましょう。

Copyright© 2018 テキサス不動産投資で収益を得る【若いうちに投資を行なおう】 All Rights Reserved.