空地を利用する不動産投資

パーキング

新しい不動産投資のかたち

不動産投資でコストが掛からず利回り益が高いのが駐車場経営です。駐車場はマンションのように建物の建設への設備投資費が掛からず、最低限の駐車場整備で済むため空き地を利用しての不動産投資に最適です。マンションやアパートのような不動産投資でのリスクと言えば空室です。空室が出来るたびに清掃や修繕を行うため、空室が出来るとコストが増す要因となります。通常、不動産投資は10%程度の利回りと言われますが、駐車場経営では利回りは20%以上と言われていますのでコストをかけずに高い利回りが得られるため効率が良いと考えられています。ただし、月ぎめ駐車場の場合、問題となるのが、利用者個別の契約と万が一家賃滞納となった場合、利用者とのトラブルが生じることです。空車が出来ると収入が低くなります。新しい駐車場経営のスタイルとしてコインパーキングの経営があります。コインパーキングの経営はコインパーキングを展開する企業との契約のみで、利用者の多い少ないに関わらず、毎月のコミッションが受けられます。精算機や監視カメラ等の設備面もすべて企業側で行われ、不動産を貸すのみで毎月定期的なお金が入ってきます。不特定多数の利用者が駐車することで防犯性が高まるとも考えられています。コインパーキングを展開する企業は常にコインパーキングに向いている土地であるかや周囲のロケーション等のリサーチをしています。コインパーキングの経営はランニングコストに悩まされることはありません。

Copyright© 2018 テキサス不動産投資で収益を得る【若いうちに投資を行なおう】 All Rights Reserved.